bible20「いい男は顔の特徴で見分けよう!②男性顔 or 女性顔」

あなたは男性顔と女性顔どちらが好みですか?

顔の好みで、あなたが男性に求める価値観がわかります。

男性顔・女性顔の特徴と、それぞれの顔を好む女性の傾向をまとめてみたので参考にしてみてください。

 

f:id:marryup:20180618191354j:plain

いい男は顔の特徴で見分けよう!

②男性顔 or 女性顔

顔の特徴でいい男を見分ける方法 第2弾!

今回も進化心理学の観点からお伝えしていきます。

 

男性顔の特徴

男性顔とは、眉毛の上が隆起し、鼻が高く、エラや頬骨が張り、アゴの大きい骨格のしっかりした顔立ちのことです。

イメージとしては平井堅さんや阿部寛さんなど、テルマエ・ロマエ系。

このように一般に男らしいといわれる顔立ちの男性は、男性ホルモンの一種テストステロンの値が高い肉食系男子。 

免疫力が高く、身体は筋肉質なマッチョ系、体毛が濃くギャランデューな胸元がセクシーです。

性格は、合理的思考で競争心が強く、運動神経・決断力・集中力・リーダーシップに優れていますが、喧嘩早く子どもの頃は問題児になりやすいです。

そして、SEX大好きの浮気性。

職業は、スポーツ選手・経営者・政治家・芸術家・アーティスト・トレーダー・ホームレスなど。

 

男性顔が好きな女性の傾向

・妊娠しやすい排卵期の女性

「女心と秋の空」といいますが、女性は性周期に応じて男性の好みがコロコロ変わります。

普段は女性顔が好きな女性も、妊娠しやすい時期になると強くてたくましい男性顔に惹かれてしまう。これも、元気で丈夫な子どもをつくるための本能です。

 

・浮気相手としてみている女性

一夜限りのアバンチュールには男性顔を好みます。短期的な関係を求める場合、女性は本能で男を選ぶのです。

 

・恋人がいる女性

恋人のいる女性は恋人のいない女性より、男性顔を好む傾向にあることが研究で明らかにされています。 

 

・自分をいい女だと思っている女性

自分の魅力に自信を持っている女性は男らしい男性顔に惹かれます。

 

女性顔の特徴

一方、女性顔とは目が大きく、アゴが尖った卵型で、全体的に丸みを帯びた顔立ちのことです。

芸能人でいうと、千葉雄大さんや伊野尾慧さんのような感じでしょうか。

このように中性的な可愛い顔立ちの男性はテストステロンの値が低い草食系男子。

身体は筋肉が少なく細身で、体毛も少ないです。

性格は、大人しく協調性があり、コミュニケーション能力が高く、優しくて子育てに協力的。逆にいうと優柔不断で頼りない感じ。

そして、SEXは淡白で浮気の心配は少ないです。

職業は、銀行員・地方公務員・農業など、地味な仕事が得意です。

 

女性顔が好きな女性の傾向

・男性に子育てを期待する女性

子育てに協力的なマイホームパパを求める女性は女性顔に惹かれます。

 

・結婚したいと思っている女性

長期的関係を持ちたいと思っている女性は、優しく子煩悩な女性顔に惹かれます。

 

いい男はどっち? 

それでは、ここで問題です。

男性顔と女性顔、女性に人気があるのはどちらでしょう?

私のブログの読者なら、これまでのパターンから考えると、女性は免疫力の高い男性顔の男に本能で惹かれるから男性顔の方が人気と答えるかもしれません。

でも、答えは女性顔。

日本人の女性には、特に女性顔が人気なんです。

それは何故か。

確かに、女性は本能的に優れた遺伝子を持つ男性顔の男に惹かれます。でも、結婚といった長期的関係を築こうとした場合、たくましいけど女性関係にだらしない男性顔の男と、頼りないけど優しくて子育て能力が高い女性顔の男を天秤にかけ、どちらが得なのか本能で感じとっているんです。

実際、空軍退役軍人を対象とした調査で、テストステロン値が平均より上回る男性は標準的な男性より離婚する確率が43%高く、浮気する確率は38%高いという結果が出ています。

 

野生動物を追いかけ回していた狩猟採集時代なら、より多くの獲物を捕らえ妻や子どもを危険から守ってくれる男性顔の方が圧倒的人気だったのかもしれませんが、今は医療制度が整い女性も働く時代。

社会環境に合わせ、女性が求める男性像も変化してきているのです。

 

=========================

結婚相談所 Marry up

マリッジカウンセラー・キャリアコンサルタントのtakakoです。

結婚・仕事のご相談はこちらから 

↓↓↓↓↓

http://www.marryup.tokyo/ 

f:id:marryup:20171210000251j:plain

この記事が気に入ったらシェアしていただけると励みになります!

m(__)m

↓↓↓↓↓