池袋・駒込の結婚相談所Marryupの婚活バイブル

餅は餅屋。婚活のことは婚活のプロにきくのが一番です!

bible14「人生初デート!大事な場面で緊張をほぐす心理テクニック」

「口から心臓が飛び出そうです」

人生初のデートを3日後に控えたCさんの心臓は、ドキドキ…を通りこしてバクバクの様子。

「何だか今から緊張してしまって…こんなんじゃ上手く話せないんじゃないかとか、嫌われたらどうしようとか、いろいろ考えていたらどんどん不安になってきて…」

と話す声は震え、額から吹き出る汗を必死にハンカチで拭っています。

 

こんなとき、あなたならどうしますか?

デートに限らず、試験やプレゼン等、大事な場面で緊張してしまったら…

ちなみにCさんは「自分は緊張していない」と、おまじないのように言いきかせるとのことでした。

 

f:id:marryup:20180427145441j:plain


 緊張したときの対処法 

①緊張を受け入れる

「それで、おまじないの効果はどうでした?」

「それが、緊張していないと自分に言いきかせれば言いきかせるほど、ますます緊張してしまって…」

そうなんです。

これは『精神交互作用』といって、緊張を取り除こうとすればするほど、余計に緊張へ注意が向き悪循環に陥ってしまうのです。

 

緊張は軽減することはできても、なくすことはできません。

大なり小なり、誰でも緊張するんです。特に日本人は緊張しやすい遺伝子を持っているといわれています。

だから、無理やり緊張を取り除こうとするのではなく、緊張とうまく付き合っていきましょう。

「今とても緊張しているけど、初めてなんだから当たり前」と、緊張している自分を受け入れるんです。

 

②目の前のことに集中する

「嫌われたらどうしよう」

と、周りの評価を気にしすぎるとプレッシャーを感じ、より一層緊張してしまいます。

緊張している自分を受け入れたら、目の前のことに集中しましょう。 

例えば、デートなら相手の表情や話の内容に、プレゼンなら発表することに集中するんです。他に意識を向けることで徐々に緊張が和らいできます。

 

③ポジティブに考える

「緊張してうまく話せないかもしれない」

と、ネガティブに考えるとうまく話せなくなります。

失敗した結果を予想すれば、当然不安になり緊張します。そして、心臓バクバクの汗ダラダラで、うまく話せなくなるのです。

これは『予言の自己成就』といって、こんな風になるんじゃないかと予想すると、無意識にその予想に向かう行動をとり、予想が現実のものとなるのです。

 

だから、「緊張するかもしれないけど、自分の言葉で精一杯伝えてみよう」と、ポジティブに考えてみましょう。

心臓がドキドキするのも、デートを楽しみにしてるからワクワクしてるんです。

するとリラックスして、本来のパフォーマンスを発揮できるようになります。 

 

 

いかがでしたか?

そもそも、緊張は悪いことではありません。

適度な緊張は集中力や身体機能が高まり、より高いパフォーマンスを発揮することができるのです。

緊張とうまく付き合っていきましょう。

  

===================================

結婚相談所 Marry up

マリッジカウンセラー・キャリアコンサルタントのtakakoです。

お気軽にご相談ください。

↓↓↓↓↓

http://www.marryup.tokyo/

f:id:marryup:20171210000251j:plain

この記事が気に入ったらシェアお願いします!

m(__)m  ↓↓↓↓↓