bible12「初対面で誤解されやすい人のためのコミュニケーションテクニック」

「第一印象が大事なことくらいわかっています。でも、この顔のせいで、いつも誤解されてしまうんです。どうしたら印象良くできるのですか?」

というAさん。

うーん…確かに、顔が恐いかも。

中身は真面目な好青年なのに、Vシネの極道シリーズで活躍できそうな感じ。

 

それから、俳優の佐野史郎さん似のBさん。無表情で何を考えているのかよくわからないと言われるのが悩みの種だとか。

ほんとは優しくて素敵な人なのに。

 

Aさんも、Bさんも、いつも顔で損してると言います。

こんな風に見た目で誤解されてしまう人は、一体どうしたらいいのでしょう? 

ということで、今回は初対面で誤解を受けやすいあなたに、イメージアップするためのコミュニケーションテクニックをお伝えします。

f:id:marryup:20180402164027j:plain

①ギャップを演出する

顔が恐い人にオススメなのが、可愛い小物。

外見とは反対のイメージのギャップを演出してみましょう。

すると相手は「顔は恐いけど、実は優しい人なのかも」と興味を持つようになるのです。

私も以前、初対面の強面男性がプーさんのハンドタオルで汗を拭き拭きしているのを見て、途端に緊張感がほぐれた経験があります。

 

他にも、普段地味な女性がセクシーなドレスを着たり、無愛想な男性がお年寄りを助けたり…このネガティブイメージからのポジティブイメージのギャップは、特に異性に効果を発揮します。

冷たいと思っていたら優しかった。

何にもしなさそうなのに家庭的だった。

この意外性にギャップ萌えするのです。

 

②別れの挨拶

第一印象はもちろん大切ですが、それと同じくらい大切なのが別れ際の印象です。

『新近性効果』といって、一番新しい情報もとても印象に残りやすいからです。

だから、第一印象が良くても別れ際で失敗したら台無しになってしまうかもしれないし、もし失敗しても最後に挽回するチャンスがあるのです。

 

そこで重要なのが、別れの挨拶。

話が終わった安心感から、ホッとして気を抜きがちです。

背筋を伸ばし、胸を張り、相手に近づいて

「○○さん、今日はありがとうございました」

「○○さん、またお逢いしましょう」

と、挨拶します。

ポイントは、ゆったりとした動作と名前を呼ぶこと。

ゆったりとした動作は相手に名残惜しい印象を与え、名前を呼ぶことで親近感を持たせます。

そして、スマイルも忘れずに。

特に強面の人や無愛想な人が最後に見せる笑顔は、ギャップの効果で相手の心を鷲掴みです。

 

③知り合いにフォローしてもらう

それでも最後まで誤解を解くことができなかった場合は、共通の知り合いにフォローしてもらいましょう。

「顔が恐いから誤解されやすいけど、実は動物好きでとっても優しい人なんだよ」

「無愛想な感じを受けるけど、ほんとはメチャクチャ面白い人でね」 

あなたが言い訳するより、第三者に伝えてもらった方が信憑性が増すのです。これを『ウィンザー効果』といいます。

誤解を解くために、知り合いに協力してもらいましょう。

  

④何度も接触する

出逢ったときは何とも思っていなかったのに、何度も顔を合わせるうちに好感を持つようになった経験はありませんか?

これは『単純接触効果』によるもので、人は接する回数が多いほど親しみや好意を感じるといわれています。

同じ学校の人と付き合ったり、職場結婚などが典型的なケースです。

 

他にも、ドラマの主題歌やCMソングで、最初はそれほど良いと思っていなかった曲でも、何度もきいているうちにお気に入りの曲になったなんていうのも『単純接触効果』によるものです。

 

とにかく相手と接する機会をつくりましょう。

ポイントは、挨拶程度の接触を数回繰り返すことです。

 

直接顔を合わせなくても、FacebookTwitter等のSNSで繋がるのも一つの方法です。

私もこれまで一度しか逢ったことがないのに、Facebookで友達になって投稿を見ているうちに親しみを感じるようになり、仲良くなった人がいます。 

 

ただし、あなたの印象があまりにも悪かった場合、逢う度に悪いイメージが強くなり逆効果になることもあるので注意が必要です。

相手の様子をみて、反応が悪ければ引くことも大切ですよ。

 

=========================

結婚相談所 Marry up

ホームページはこちらから

↓↓↓↓↓

http://www.marryup.tokyo/

f:id:marryup:20171210000251j:plain

この記事が気に入ったらシェアお願いします!m(__)m 

↓↓↓↓↓