池袋・駒込の結婚相談所Marryupの婚活バイブル

餅は餅屋。婚活のことは婚活のプロにきくのが一番です!

bible11「話下手でも会話を盛り上げられるコミュニケーションテクニック」

初対面の人と何を話したらいいのかわからない。

会話が続かない。

話すことが苦手。

そんなあなたに、会話を盛り上げるコミュニケーションテクニックを伝授します!

話すことが苦手なら、無理に頑張って話そうとしなくても、相手に話してもらうことで会話を盛り上げればいいのです。

よく話し上手は聞き上手といいますが、会話を盛り上げるためには、まず相手の話をきくこと。

相手の話をうまく引き出し、気持ちよく話してもらうテクニックを身につけましょう。

f:id:marryup:20180318180243j:plain

①事前準備

可能なら、予め相手の情報をリサーチしておきましょう。

仕事や趣味等、相手の興味・関心のありそうな話題を準備しておきます。

 

②共通点を見つける

出身地・出身校・好きなスポーツチーム・アーティスト・アニメ…等、何でも構いません。あなたと相手の共通点を見つけましょう。

『態度の類似性』といって、共通点が多ければ多いほど相手はあなたに好意を持ちます。

「えっ、新潟出身なの?私も新潟だよ!」

「東京喰種?私も好きで、大人買いしちゃった!」

話が合うと思わせることで、相手はあなたに親しみを感じ、リラックスして話してくれるでしょう。

 

③相手のマネをする

事前にリサーチできないし、相手との共通点を見つけられない。そんなときは、相手の物マネしちゃいましょう。

これは先ほど説明した『態度の類似性』で、人は自分と似ていれば似ているほど相手に好意を抱くのです。

相手が楽しそうに笑ったら、自分も楽しそうに笑う。相手が拳を握って怒ったら、自分も拳を握って怒る。

これをミラーリングといって、姿勢・表情・話し方(声の大きさ・トーン・スピード)等、鏡のように相手に合わせてマネをします。

すると、相手は安心してどんどん話したくなるのです。

 

ただし、気づかれたらバカにしてると思われるので注意してくださいね。

あくまで、自然に。相手に気づかれないようにマネしましょう。

 

④オープン・クエスチョンで質問する

例えば、「あなたは吉川晃司さまが好きですか? 」という質問では「はい」か「いいえ」で終わってしまいますよね。

このような質問のことをクローズド・クエスチョンというのですが、話が苦手な人はこのクローズド・クエスチョンを連発していることが多いです。

これでは話が盛り上がらないし、質問もすぐに尽きてしまいます。

 

そこで、質問の仕方をクローズド・クエスチョンからオープン・クエスチョンに変えてみましょう。

オープン・クエスチョンとは、相手が自由に答えられる質問のことです。

「吉川晃司さまのどんなところが好きですか?」

すると、「シャープな目元がしびれる~」とか「ロマンスグレーがたまらなく素敵~」と、 相手がどんどん話してくれますよ。

話題は、相手の興味・関心のあるものにしましょう。

 

⑤あいづち・うなづき

「この人話しにくいな」と感じる人は、『あいづち』や『うなづき』が少ない人が多いです。

『あいづち』や『うなづき』は、「相手の話をちゃんと聴いてるよ」というサインですから、これがないと相手は「人の話きいてるの?」と不安になって、だんだん話したくなくなるわけです。

 

「うん、うん」「へぇ」「それで?」

相手のペースに合わせて適度にあいづちをうったり、うなづきましょう。

『うなづき』があるときとないときでは、あるときの方が発言量が50%アップするという実験結果が出ています。

そう、『あいづち』や『うなづき』には相手の話を引き出す効果があるのです。

===================================

結婚相談所 Marry up

マリッジカウンセラー・キャリアコンサルタントのtakakoです。

コミュニケーション講座もやっています。

まずはお気軽に無料カウンセリングを!

↓↓↓↓↓

http://www.marryup.tokyo/

f:id:marryup:20171210000251j:plain

この記事が気に入ったらシェアお願いします!

m(__)m  ↓↓↓↓↓